◆待つことの大切さ

 

こんにちは!酒井です。

 

 

子ども達と関わる上で

”待つ”ということは

 

とても大切なことだと

考えています。

 

 

 

大人と子どもの間に

流れる時間の感覚は

違います。

 

 

だいたい

子どもに流れる

時間間隔の方が

大人よりもゆっくりです。

 

つまり

私達が

ものすごく待った!

 

そう感じていても

子どもにとっては

そうでもなかったりするのです。

 

 

そういったことも踏まえて

しっかりと待てる

先生になりたいものです。

 

 

子ども達が

考える時間を

奪いたくはありません。

 

 

そのためにも

しっかりと余裕のある

クラス運営にしていく

必要があります。

 

 

あまり詰めすぎると

子どもも先生も

余裕がなくなって

しまいますからね。

 

 

ではまた!

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加