◆子どもは、したたか。

 

こんにちは!酒井です。

 

突然ですが

”したたか”という言葉を

ご存知ですか?

 

 

 

 

したたかは

”強か”と書き

 

「とても手ごわい」

というのが一般的な意味です。

 

他にも

 

・しぶとい

・強くしっかりしている

・粘り強く、屈さない

・量が多い

 

といった意味でも使うそうです。

 

”しかかた”と聞くと

ずるそうな、良い意味で

使わないイメージですが

 

元の意味は

良い意味で使われています。

 

で、話を戻しまして

子ども達は

したたかです。

 

私が言いたいのは

ズルイではなく

 

粘り強くて

しぶとくて

手強い

存在だということです。

 

 

子ども達はその見た目から

可愛らしくて

ひ弱で

守ってあげなくては

いけない存在に見えますが

 

中身は違います笑

 

 

もちろん、庇護すべき

存在ではありますが

 

軟弱でか弱い

人ではありません。

 

子どもたちは

頭を働かせ

 

いかに自分の主張を

通すかを

 

上手にやってのけます笑

 

そのテクニックは

大人、顔負けです。

 

自分の主張のためには

しぶとく、粘り強く

手強いです。

 

ですから、

見た目を鵜呑みにして

 

関わっていたら

痛い目に合います。

 

心して

対応しないと

こっぴどく

やられます笑

 

お気をつけください。

 

 

ではまた!

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加