◆先輩や上司先生にキツイ言い方をされたら・・・

 

 

こんにちは!酒井です。

 

 

先生という仕事は

人対人の

コミュニケーションの場でもあります。

 

一日誰とも関わらずに

仕事が終わる・・・

 

なんてことは

ありえない仕事です。

 

ただ、人によって

受け取り方

感じ方

言い方は異なるもの。

 

 

そしてそれが

時にやっかいなことも。

 

先輩や上司の先生に

 

こちらは分からなくて聞いているのに

キツイ言い方をされたり

冷たい対応をされると

 

とっても心が傷つきます。

 

 

 

かつての私もそうでした。

 

 

一つひとつの先輩の

対応に傷つき

心を傷めていました。

 

 

ただ、少し経験を積んで

見えてきたもの。

 

それは、

先輩も上司も

”余裕がないのかもしれない”

ということです。

 

 

日々の仕事に終われ

山のように仕事を抱えていれば

 

人間、誰でも

心の余裕がなくなるもの。

 

忙しいと書いて

心を亡くすというぐらいですから。

 

 

そして、心の余裕がなければ

他者に優しくできないもの。

 

 

そういう風に捉え方を変えれば

心の傷も浅くてすみます。

 

 

あまり正面から

全てを受け取り過ぎないように

しましょう。

 

 

身が持ちませんよ。

 

そして、どうか

自分が先輩と呼ばれる立場になった時

 

そうならないように

気を付けていってください。

 

心の余裕は

常に保つようにしてください。

 

 

そうしないと

日々のクラス運営にも影響がでますからね。

 

ではまた!

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加