◆ニガテな食べ物があってはダメなのか?

 

こんにちは!酒井です。

 

子どもの好き嫌いや食わず嫌いは

気になる項目の一つとなります。

 

 

やはり食べることは生きることですから

 

これから成長していく子ども達の

栄養が気になるのは

当たり前のこと。

 

それに、栄養って目に見えませんから

それも難しいところですよね。

 

 

ただ、あまり過剰に

ピーマンが食べれらない!

ニンジンを食べない!など

 

食べられない食材に

過剰に反応しすぎなくても

よいと思うのです。

 

 

なぜなら

世の中にはたくさんの食べ物があるから。

 

ニンジンが食べられないなら

別の食材で補うことも可能なわけです。

 

 

実際、最近は食物アレルギーを

持つ子ども達も増えており

 

そういった子ども達は

食べたくてもその食材は

食べられません。

 

そのため、食べられない食材の栄養は

とれないわけです。

 

 

でも、そういった子ども達でも

健康に成長しています。

 

たくさんアレルギーをもった赤ちゃんは

赤ちゃんの命の綱である

母乳や粉ミルクが飲めませんが

 

でも、ヤギミルクなど別の代替品から

栄養をもらい成長することができます。

 

 

つまり、1つや2つの

食べられない食材にこだわり過ぎなくても

 

別の物から

栄養を取ることもできるのです。

 

 

もちろん、できることなら

好き嫌いなく

ニンジンもピーマンも

食べてほしいです。

 

でも、今すぐ!と

焦らなくてもよいのでは

ないでしょうか?

 

成長とともに

食べられることもあります。

 

 

それに、大人である私達だって

ニガテな食材があり、

食べなかったり避けたりするのに

 

子どもにだけなんでも

好き嫌いなく食べなさい

というのも不公平な気がします。

 

ではまた!

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加