◆苦手な先生とのつき合い方

 

 

こんにちは!酒井です。

 

 

あなたは苦手な先生が

いますでしょうか?

 

 

 

人間ですから、

苦手な人がいるのは

仕方がないことです。

 

それは、先生であってもです。

 

 

先生という仕事なんだから

みんなと仲よく~

 

なんて

ただの理想論です。

 

では、苦手な先生と

どのように付き合っていけば

よいのですしょうか?

 

それは

自分はその先生のことが

ニガテであると

自分自身で認めてしまうことです。

 

 

私は、新米先生時代に

パワハラをしてくる先輩先生が

心の中では

ニガテで仕方がありませんでした。

 

 

でも、私はそれを認めることが

できませんでした。

 

 

多分、日本の教育の

弊害もあると思うんですよね。

 

日本は

みんな仲よくが基本ですからね。

 

 

そういうこともあってか

心の中では

ニガテなのに

認めることができないから

 

逆にうまく付き合うことが

できませんでした。

 

 

でも、ニガテであると

認めることができれば

 

もう仕方がないと

開き直ることができ

 

そして、普通に

接することが

できるようになるものです。

 

 

ニガテな先生であっても

仕事柄上

全く関わらなくて済む日は

マレです。

 

 

そして、

ニガテだと自分が認識していれば

 

大人な対応を

取ることができます。

 

 

仕事だから仕方がない

という風にです。

 

 

これが自分で

認識できていないと

不思議なもので

 

変な汗が出るといいますか

妙に心臓がドキドキ

するんですよね笑

 

 

なので、ムリに付き合う必要な

ないので

 

その気持ちを大いに

認めてあげてください。

 

別にニガテな先生が

いることは

悪いことではありませんから。

 

ではまた!

 

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加