◆子どもとの会話のネタ

 

こんにちは!酒井です。

 

 

先生という仕事をしているからには

 

ほとんどの人が

子どものことが好きという気持ちが

あるかと思います。

 

でも

好き=子どもとの関わりが上手

ということには

ならないと経験上思っています。

 

 

その辺り、新米先生であれば

辛いところですよね・・・。

 

保護者の方からみれば

 

先生だし

 

新米だろうと

子どものプロ。

 

そう思われてしまうのは

仕方のないことです。

 

むしろ、

「私、新米なんでー、

先生といっても子どもとの関わり方

分かんないんですよね」

 

なんて正直に話してしまったら

保護者の方の不安は

MAXになってしまいます笑

 

もちろん、経験を積み

自分で成長したいと思う意思さえあれば

 

子どもと関わるのは上達します。

(そのためには数々の失敗も必要ですが笑)

 

でも、初めの頃

 

どうやって関わろうか?

何を話して仲よくなろうか?

 

と困った時に使える鉄板ネタを

今日は紹介しますね。

 

ずばり!

 

”子どもの洋服の話をする”

 

カンタンで

すぐできそうですよね?

 

 

子どもの服って

可愛いものが多いですよね。

 

キャラクターモノを着てくる子は

そのキャラクターの話題で話せます。

 

知らないキャラクターでも

「このすごくカッコいいキャラクターは何?」

なんて聞けば

目を輝かせて子どもの大演説が始まります笑

 

キャラクターモノでなくても

服の見た目や素材、色見など

なんでも話題にできます。

 

これは私服の園であれば

使えますが

 

制服のある園だと

子どもの服の話題は難しくなります。

 

そういった時は

先生の服を使うのです。

 

エプロンや着る服を

子どもが興味を持ちそうな物に

すればいいんです。

 

キャラクターNGな園でも

子どもが喜びそうな服を売っている

お店はあります。

(グラニフなど)

 

模様がおもしろい服も使えますね。

 

小手先と言われてしまえば

そうかもしれませんが

 

でも新米時代はこういった外部のものに

助けてもらうのもアリです。

 

新米時代でなくても

ずっと使えますから。

(現に旦那さんも服をグラニフなどで仕入れて

子どもからつっ込んでもらっているようです。)

 

自分一人で抱え込まなくても

こういうアイテムをうまく使えば

大丈夫!!

 

ではまた!

 

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加

 

 

Twitter (フォロー大歓迎です!)

愛され先生養成レッスン♡公式メルマガ

◆お客様の声←準備中

サービス

お問い合わせ