◆子どものトラブル対応について

 

こんにちは!酒井です。

 

先生という仕事は

日々、いろいろなことがあります。

 

その中でも”子どものトラブル対応”

日常茶飯事の

出来事かもしれませんね。

 

 

年齢によって

トラブルの原因や

けんかの仕方も変わってきますが

 

今日はそれぞれの年齢別

対応ではなく

子どものトラブル対応全般

にいえることを

書いていきます。

 

 

 

長年、子ども達と日々を

過ごしてきましたが

同じように他の先生達の

対応も見てきました。

 

本当に先生によって

対応の仕方はそれぞれで

 

個性も出ますし

どれが正解!と

言えるものでもありません。

 

ただ、第三者的視点で

見ていて思うのは

 

子どものトラブルに対して

すごく敏感な先生が

多いということです。

 

 

もちろん、その気持ちは

自分も同じ立場なので分かります。

 

やはり我が子ではなく

お預かりしていお子さんですから

 

何かあっては大変です!

 

さらに、もっと心の奥深くの気持ちを

カミングアウトしてしまうと

 

何かあって保護者の方の信用を失ったり

お怒りになる事態を招いてしまうのは

嫌だからです。

 

そういうこともあり

ついつい過敏に子どものトラブルに

反応してしまうのです。

 

ただ、子どものとっては

同じような年齢の人との

トラブル経験は

これから成長していく上で

大事なことなのです。

 

大人の視点からみると

トラブルや問題は

”よくないもの、避けるべきもの”

捉えますが

 

子どものトラブルは

大人のトラブルとは

性質が違います。

 

幼児期と呼ばれている

年齢の子ども達は

別に相手を傷つけてやろうとか

ケガをさせてやろうとか

泣かしてやろうとか

 

そんな気持ちを持って

トラブルを起こしているのではありません。

 

ただ、自分という存在があって

その自分が

「嫌だ!」とか「納得がいかない!」とか

そういう気持ちを表し、

それを相手に示しているだけなのです。

 

また、幼児期の子どもは

まだまだ言葉での

コミュニケーションは苦手です。

 

なので、行動に表れるのです。

 

相手を叩くとか

激しく泣くなどして。

 

そして、子どもにとってトラブルは

自分以外の存在を

知る学びの機会でもあります。

 

自分はこう考えるけど

違う考えの人もいるんだ!

 

こういう言い方をすると

泣く子もいるんだ!

 

叩かれると、とっても痛いんだ!など。

 

そういったことを繰り返すうちに

相手との距離のとり方や

交渉術

相手の気持ちを思いやる心が

芽生えていくのです。

 

つまりはそういった経験が

幼児期にないと

大きくなった時にKYではありませんが

 

相手の気持ちの分からない

自己中心的な人間に

なりかねないのです

 

そうなれば

その子にとっても

気の毒なことです。

 

と、子どものトラブルは

実は子どもにとっては

必要な学びの場。

 

であるならば、

すぐに何でもかんでも

止めるのではなく

 

少しは見守る時間も

必要だと思うのです。

 

ケンカをしている子どもの

言動や力加減

それぞれのいい分などを

冷静に観察することができますから

 

その後の対応も

しやすくなります。

 

ただ、激しい殴り合いをしているとか

噛んでいる

引っかいているなどは

すぐにでも止めるべきです。

 

もちろん、園の方針もあって

そういったことも受容する

教育方針の園もあります。

 

そういう場合は保護者の方も

理解して通わせているので

良いですが

 

ほとんどの園は

違うと思うので

必要な学びではあっても

園では止めるべきです。

 

でも、そうでないならば

すぐに手出しはしないで

1度見守ってみてはどうでしょうか?

 

子どもの心がすっきりするまで

やらさせてあげるのは

決して悪いことではありません。

 

そのような場合は

ケンカ後の対処が

スムーズにいきやすいです。

 

お互いやりきっているので

冷静に落ちついて

こちらの介入に対応してくれるのです。

 

ではまた!

 

———————————————

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加