◆スウェーデンの保育事情

 

こんにちは!酒井です。

 

私は海外の幼児教育にも

興味があります。

 

私の先生感に

響くのは

 

北欧や欧州

オーストラリア、ニュージーランドの教育。

 

 

あの子どもに寄り添うスタイルが

好きです。

 

 

今日はスウェーデンに住む

日本人の方から教えてもらった話を

シェアします。

 

 

 

スウェーデンやノルウェーと言えば

教育水準も高く、

世界トップクラスのイメージですが

 

 

先生が不足が深刻なんだそうです。

 

日本の先生不足と違い

 

北欧は最低限の生活が

保障されている国なので

無理に仕事に就く必要もなく

 

わざわざ先生になる人が少ない

という事情があるようです。

 

逆に言えば

先生になっている人は

本当に先生になりたい

熱心な人だといえます。

 

 

そのため無資格の人を

積極的に採用したり

 

実習にきた学生をアルバイトで

雇ったりしているようです。

 

日本でも無資格でも

仕事ができるようにと

法律を変えてきているので

 

北欧がどのように

無資格の人を使っているのか

興味深いですよね。

 

完全に業務は

分けているようですが。

 

 

この辺り

興味があるので

調べてみようと思っています。

 

またシェアしたいと

思いますので

お楽しみに!

 

ではまた!

 

———————————————

 

幼児教育の現場で頑張る毎日・・・。

仕事や職場環境にモヤモヤすることもあると思います。

 

そんな時に気軽に相談してもらいたくて

相談窓口としてLine@を作成しました!

 

1:1でトークもできますし、

誰に見られる心配もありません。

 

ぜひ、お気軽にご登録ください。

友だち追加